English
menu

令和2年度修士論文発表会が行われました

一覧ページに戻る

2021/03/05

令和3年2月8、9日修士論文発表会が行われました。
これまでの集大成となる発表でした!

遠藤 康平
タイトル: 銅(I)/ジボロン触媒系を用いた高度な選択性の制御を伴う新規ホウ素化反応の開発
(Development of Copper(I)-Catalyzed Chemo and Stereoselective Borylation Reactions)
上杉 実那美
タイトル:トリアルキルシリルボラン化合物の一般的合成法の開発およびメカノケミストリーによるC−Nクロスカップリング反応の開発
(Developement of general synthetic method for trialkylsilylboranes and C−N cross-coupling reaction using mechanochemistry)
豊島 直喜
タイトル:金(I)イソシアニド錯体を用いた機能性材料の開発及びプレフルオロプローブを用いた高分子メカノラジカルの検出
(Development of functional materials using gold(I) isocyanide complexes and detection of polymer mechanoradicals using pre-fluoro probes)
松浦 さつき
タイトル:アシルホウ素化合物を出発原料とした含ホウ素複素環合成及びチアゾール型NHC金(Ⅰ)錯体の近赤外発光の研究
(Synthesis of Novel Bora Heterocycles Derived from Potassium Acyltrifluoroborates and Research of NIR Emission of Thiazole-based NHC Gold(I) Complexes)

能村 省吾
タイトル:銅(I)触媒を用いた含フッ素有機ホウ素化合物の新規合成法の開発
(Development of Copper(I)-Catalyzed Synthesis Method of Fluorine-Containing Organoboron Compounds)